がんを治すことができる治療方法

>

遺伝子治療のデメリットとは

全額を自分で負担する

身体に与えられる負担が少ないですが、経済的な負担が大きくなります。
通常のがん治療であれば、保険が適応されます。
ですから自分尾支払う金額が減ります。
日本ではまだ、遺伝子治療が保険に適応できないという決まりになっています。
遺伝子治療をする際は、全額を自分が支払わなければいけないことを忘れないでください。

これは現在の決まりです。
もっと日本で遺伝子治療一般的になれば、保険が適応される可能性があります。
まだ保険を適応できなくて、自分で全額支払う場合は500万円以上掛かってしまうことがあります。
医師に遺伝子治療のことを聞いて、どのくらいの費用が掛かるのか聞いてください。
早期治療できれば、もっと安く済むかもしれません。

遺伝子治療を受けられる病院

海外では有名になっている遺伝子治療ですが、日本ではまだ知名度が低いです。
ですから遺伝子治療を受けられる病院が、少ないと言われています。
自分が普段から通っている病院では、遺伝子治療ができない可能性があります。
その場合は遺伝子治療が受けられる病院へ移動しなければいけません。
自宅から、かなり離れた病院になってしまうかもしれません。
周囲にどんな病院があるのか調べましょう。

医師の実力も調べてください。
残念ながら日本は、遺伝子治療に詳しい医師が少ないです。
全く知識を持っていない医師が、点滴や注射をするかもしれないので、実力をしっかり持っているのかチェックしましょう。
信頼できる医師がいたら、遺伝子治療を依頼してください。


この記事をシェアする