がんを治すことができる治療方法

>

副作用が起こりにくいから安心

安全な治療方法である

遺伝子治療は、副作用が起こりにくい面が注目を集めています。
薬物療法では、副作用が起こりやすいので、治療をコロコロと変えながら進めなければいけません。
自分に合っている薬を見つけるまで、長い時間が掛かってしまうかもしれません。
その間にがんが悪化するので、早く治療できる方法を見つけなければいけません。
早く治療するために、遺伝子治療を開始してください。

遺伝子治療なら、副作用が起こらないので、スムーズに治療が進みます。
ですから早期回復ができるはずです。
また、入院の必要がありません。
病院に通院するだけなので、簡単に治療ができる面がメリットですね。
仕事をしている人でも、空いている時間を見つけて病院に通ってください。

大がかりな手術をする必要がない

がん細胞を切り取る手術をする時は、大がかりな手術が必要になります。
部分によっては、傷跡が残ってしまうかもしれません。
その点、遺伝子治療ならメスを使って手術はしないので傷跡が残りません。
遺伝子治療は、注射器を使うことが一般的です。
ですから傷跡が残ったとしても、目立ちません。
点滴の針を使うことも多いです。

大がかり手術をする際は、麻酔をしなければいけません。
体力が低下している人にとって、麻酔も負担になってしまいます。
しかし注射器や点滴の針を刺すだけなので、遺伝子治療は体力が低下している人でも受けられます。
体力がかなり低下している人は、麻酔が使えないので手術ができません。
そんな人が、遺伝子治療を選択しています。


この記事をシェアする