がんを治すことができる治療方法

>

遺伝子治療のことを勉強しよう

海外で生まれた方法を学ぶ

1990年頃に、アメリカで遺伝子治療が成功しました。
それから各国で、遺伝子治療が実施されるようになります。
日本では、1995年頃に初めて遺伝子治療が成功したと言われています。
まだ実施されている数は少ないですが、これから徐々に増えていくと思います。
他の方法では、元気な細胞に悪影響を与えることがあるので慎重に治療を進めなければいけません。
ですが遺伝子治療は、がん細胞だけをターゲットにできます。

ですから元気な細胞はそのままなので、悪化することを防げます。
事前に遺伝子治療のことを知っていることで、いざ治療するという時に選択できます。
遺伝子治療の存在を知らないと、別の方法になってしまうので身体に与えられる負担が大きくなります。

進行している状態でも治療できる

治療が上手くいかないと、がんはどんどん悪化していきます。
その状態になった時でも、遺伝子治療ができます。
最初に他の方法を試して、効果を得られなかったら遺伝子治療に切り替えても良いですね。
その場合は、切り替えるタイミングに気を付けてください。
遅すぎると、遺伝子治療でも効果を上手く発揮することができません。

がんの治療は、早くから開始することがとても重要だと言われています。
現在試している治療方法で効果を得られなかったら、すぐ遺伝子治療に切り替えてください。
早く遺伝子治療を開始すれば、悪化していた場合でも完治させることができます。
自分の身体の変化に、敏感に気付いてください。
すると切り替えるタイミングを掴めます。


この記事をシェアする